« 妄想劇場一考編 | トップページ | 信じれば真実、疑えば妄想 »

2016年7月31日 (日)

チャンネル・掲示板

チャンネル・掲示板

幸せがつづいても、不幸になるとは言えない
 不幸がつづいても、幸せが来るとは限らない



Mituo


 
昨日という日は
 歴史、

 今日という日は
 プレゼント

 明日という日は
 ミステリー






TOCANAニュース。

【相模原19人刺殺】イルミナティとフリーメイソンに
傾倒した植松容疑者!
犯行現場にみる“ヒトラーばりの優性思想”とは?
・・・

相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で
起こった殺傷事件は日本中に衝撃を与えた。
元職員の植松聖容疑者は19人を殺害、26人に
重軽傷を負わせた。

戦後最悪レベルの大量殺人に及んだ容疑者は、
施設の元職員・植松聖(26)。
事件直後、植松容疑者が「施設を辞めさせられて
恨んでいた」と話していることが伝えられ、
解雇による逆恨みが動機かに思われた。

しかしその後、同容疑者が今年2月に「妄想性障害により
他人を傷つける恐れがある」と診断されて
緊急措置入院していたこと、
尿検査で大麻の陽性反応が出たこと、
さらに「障害者を抹殺する」と記した手紙を
衆院議長に渡そうとしていた事実などが次々と発覚。
障害者に対する差別や偏見、一方的な恨みを
募らせていた可能性が浮上している。

植松容疑者は実生活でもSNS上でも、これまで
奇天烈な言動を連発していた。
「過去のおかしな書き込みに関しては、素材が
多すぎて取捨選択が難しいほど。


B11



容疑者は優生思想に取り憑かれていた!?

「障害者は死んでくれた方がいい。その方が家族は楽だ。
施設を回って10月までに600人殺す。
まず自分がいた施設からやります」
「重度障害者の大量殺人は、日本国の指示があれば
いつでも実行する」

過去、このように語っていたという植松容疑者の言葉には、
優生思想の一端が垣間見える。
障害者福祉施設の職員として働いていた植松容疑者が、
どの時点でこのような考えを抱くようになったのか、
正確な経緯は今後の捜査を待たなければならないだろう。

しかし、「障害の有無や人種等を基準に人の優劣を定め、
優秀な者のみが存在を許される」という優生思想自体は、
過去から現在に至るまでさまざまな形で
受け継がれてきたという現実がある。・・・・

とりわけ優生思想を全面に押し出し、国家ぐるみで
“劣等種”の排除に動いていたナチス・ドイツの
悪行は有名だ。
彼らが主要な敵と位置づけたユダヤ人たちの虐殺も
さることながら、数多くのロマ(ジプシー)や同性愛者、
そして障害者たちが強制収容所に送られ、殺害された。

ナチス・ドイツは「役に立たないのに食事が必要な人間」を
特定することを国民に義務付け、安楽死の手順を
公式に定めていたとされる。


日本にも20年前まで障害者を排除する法律があった

しかし、実はこのような優生思想に基づく国家的な
差別と虐待が、ここ日本で、しかも近年に至るまで
脈々と受け継がれてきたことを、
今回のような凶悪事件を機として私たちはもう一度
確認するべきだろう。

ナチス・ドイツと同時期、大日本帝国においても
国民皆兵と大和民族の健康維持という名のもと
優生思想が広く浸透しており、1940年には
「国民優生法」が成立。

「劣悪な遺伝性疾患の素質を持つ者の増加を防ぎ、
健全な素質をもつ国民の増加を図る」
「戦争遂行のために、国家に奉仕できない者を
養う必要はない」として遺伝性の身体障害者、
精神障害者(現代における統合失調症、
躁うつ病、てんかん等も含む)、

さらに当時は完治することが難しかったハンセン病患者や、
重度のアル中患者に対する強制的断種が
合法化されてきた経緯があるのだ。
そしてこの国民優生法は、第二次世界大戦後に
「優生保護法」と名を変えたが、本人の同意なしに
強制的断種(優生手術)を実行できる制度は受け継がれた。

それだけならまだしも、強制的断種の対象が
「らい病」や「遺伝性以外の精神病」にまで
拡大されたのである。
1949~94年の間に、優生思想に基づく断種が実に
16,000件以上も行われたとの統計もある。
このような不条理な法律は、1996年になってようやく
「母体保護法」に改正され、現在は優生思想に基づく
強制的断種が行われることはなくなった。

しかし我が国において、わずか20年前まで、
障害者を強制的に社会から排除する仕組みが
維持されてきたことは紛れもない事実なのだ。

植松容疑者は今年2月14日、自身のツイッターで
イルミナティカードに言及。
他にも様々な陰謀論への賛同も書き込んでいるが、
やはり特筆すべきは同日に衆議院議長公邸に
持参した手紙だ。大きく話題になった

「私の目標は重複障害者の方が(中略)
安楽死できる世界です」といった内容のほかに
フリーメイソンに関しての言及がなされている。
「リア充として、多数の友人を抱えていた容疑者は
周囲の意見を簡単に受け入れる傾向にあったのでしょう。
現実世界での整合性よりも実際に関わる人の意見を
大切にしていたんだと思います」

「被害者の方たちはいずれも首を中心に
狙われていますが、被害状況を分析すると、
実は容疑者は障害者の中でも、とくに
対面コミュニケーション全般が苦手だった方を
中心に襲い、致命傷を与える与えないの判断を
していたのではないかとささやかれています。

つまり、相手の障害の度合いに応じて
生死の判断を下していったことがうかがえるのです。
殺す直前までそうした思考をしていたのは
狂気としか言いようがありません」

このような究極の選民思想こそが今回の事件の
闇の深さを物語っているとも言える。

「容疑者の父親は真面目な公務員ですが、
母親が野良猫にエサをあげ続けて近隣トラブルを起こし、
両親は相模原市内の自宅を出て八王子市内の
マンションに居住。親子で別居していました。

猫がかわいいのはともかく、引っ越さざるを得ないほど
近所ともめるというのも、極端すぎる話。
こうしたエピソードも含め、今回の事件は
掘り下げなければいけない部分が多すぎるんです」


障害者施設職員の女性が語る“日本社会の闇”

当然ながら「優生保護法」下で強制的に
断種された人々は、現在の日本社会に数多く暮らしている。
知的障害者施設で働く女性は、彼らの苦しみを
次のように代弁する。

「断種された女性で、突然子宮をおさえて
泣き出す人がいます。
子宮を摘出されたことに気がついていないはずなのに、
とても悲しそうな顔をするのです。
こんなことが最近まで行われていたことを日本人は
もっと知るべきです」

「相模原の事件で、犯人が語った言葉……。
普段は表立って口には出さなくても、あのような考え方が、
実は社会の深部に根付き、ずっと受け継がれている
可能性は否定できないと思います」

社会的弱者を自らよりも“劣る”存在と決めつけ、
その命を軽く見た結果が今回の凶悪犯罪に
つながったとすれば、日本社会に脈々と受け継がれてきた
“深い闇”が投影されていると考えることもできそうだ。

いったい障害者たちの受難は、この先いつまで続くのか?
部外者であるということはあり得ない。
私たち一人ひとりに、重い課題を突きつける
事件と言えるだろう。

Author :TOCANA 記事一覧




「落日」




時は絶えず流れ、
 今、微笑む花も、明日には枯れる




P R

   
 
カビの生えない・きれいなお風呂 

      
お風呂物語 

入れてもらえば気持ちは良いが、
  どこか気兼ねなもらい風呂


DIYの感動をあなたに!!
『お風呂物語』が選ばれる理由がここにあります。

« 妄想劇場一考編 | トップページ | 信じれば真実、疑えば妄想 »

妄想劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1772781/66779113

この記事へのトラックバック一覧です: チャンネル・掲示板:

« 妄想劇場一考編 | トップページ | 信じれば真実、疑えば妄想 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

流れ雲(^o^)