« 信じれば真実、疑えば妄想・・・都市伝説 | トップページ | 妄想劇場・特別編・ニュースの深層 »

2016年10月27日 (木)

チャンネル・掲示板・世の中捨てたもんじゃない。

チャンネル・掲示板

信じれば真実、疑えば妄想……

幸せがつづいても、不幸になるとは言えない
 不幸がつづいても、幸せが来るとは限らない




Mituo_2


 昨日という日は
 歴史、

 今日という日は
 プレゼント

 明日という日は
 ミステリー








世の中捨てたもんじゃない。

暗いニュースばかり見ていると、暗い時代だなと感じます。
しかし世の中、そんなに捨てたものではないはず!


善と悪は表裏一体であり誰もがその両方を持っている。
まるで心のマスでオセロゲームをしているようなもので、
黒にしたものを、白にひっくり返すこともできるのだ。



B111


あなたは人間です。残飯以上の価値があるのです。
営業時間中にどうぞご来店ください。
昔ながらのピーナッツバター&ゼリーサンドイッチ、
フレッシュサラダ、水を無料でご用意しております。
質問等は一切いたしません。
あなたの友人である店主より


B26



 
エレベータの中に
 閉じ込められている間、

 老婦人のために
 「人間イス」となっていた

 心優しい大学生。








『世の中捨てたもんじゃないと思った。』 ・・・

10歳の息子がある病気を持っており、車いす生活で、
さらに投薬の副作用もあり一見ダルマのような体型。
知能レベルは年齢平均のため、何かと辛い思いをしいる。

B01


・ぶくぶく醜い ・何で税金泥棒のために立たされなきゃならないの
・補助金で贅沢してるくせに
・役に立たないのになんで生かしておくかなあ?

それもこちらに向かって言ってくるのではなく、
雑談のように数人でこそこそ。 それがまだ小さい子連れの
母親のグループだった。

息子が気付いて「お母さん降りようか?」と言ってくれたのですが、
実は耳が聞こえにくいため、声が大きく発音が不明瞭な息子に
今度は普通の声で「きも!」と言われた。

あまりのことに切れて「何か息子の件でご迷惑でも?」と
言ったら、
笑いながら「何か?だってwwうけるwww」と嘲笑された。
さらに「うちは娘だから、あんなのに目付けられたくない」
「責任がないからレ●プされても泣き寝入りだもんね~」
とも言われた。

さすがにもう降りようとしたら、運転手さんがバス停に止まって
「えー、奥さん、ここで降りてください」と言われる始末。・・・
『あーもーいいや、二度とこの路線使うもんか』 と思いながら
車いすを外そうとしたら

「あ、お母さんじゃなくて」と私を見て運転手さんが続けた。
「後ろの奥さん方、あなた方が乗ってること自体が
他のお客さんに迷惑ですので、こちらで降りてください」

私ポカーン、息子もポカーン、
指された子連れママたちもポカーン。

そしたら後部から「さっさと降りろ!うざいんだよ!」
「食べこぼしは片付けて行きなさいよ!」
「ほらさっさと行きなさい!」との声が聞こえてきた。

さらに降りるときに運転手さんに「クレーム入れてやる!
おぼえとけ!」と言ったら
「はいどうぞ。乗車賃いりませんからさっさと降りてください」と
言われてた。

その人たちが降りてからお礼を言ったら
「迷惑行為排除は私たちの仕事ですから気にしないでください」 と
言われてしまい、もう私涙目。 冷たい視線ばかりと思ってたのに、
世の中捨てたもんじゃないと思った。 ・・・

 

この人参のグラッセを作ってる人はどなた?

B43_2

 

小さな食堂(夫婦と息子さんで経営。バイトは私だけの
合計4人)でバイトをしています。
基本的に調理は旦那さんと息子さんがやっているのですが、
付け合せの人参のグラッセなど簡単なものは私が作っています。

昨日最後に来たお客さん(親子3人)が
「この人参のグラッセを作ってる人はどなた?」と聞いてきました。
私は不味いと苦情を言われるんだと思い、
震えながら「私です」とお客さんがいるテーブルに行きました。

お客さんは私をじろじろと見て「そう、あなたが作ってるの…」と
呟きました。
私はもう怖くて怖くて、手をぎゅっと握ってその視線に
耐えていました。
そうしたら奥さんの方が「うちの子、人参が大嫌いで
どんな料理にしても絶対に食べないの」と言いました。

「それなのに、このお店のグラッセだけは美味しいって
いつも嬉しそうに食べるのよ。
良かったらレシピを教えてくれないでしょうか」と
メモ帳とペンを私に差し出してきました。

そういうことは店長に確認を取らないといけないので、
冷静を装ってと厨房に行きましたが、
実際は嬉しくてぼろぼろ泣いてた。

厨房に行くと店長は「話は聞いてた。
レシピは教えてやっていいぞ」とレシピのコピーを
してくれていました。
そして「これも持っていけ」とグラッセとうちの一番の自慢の
コロッケを渡してくれました。

お客さんにレシピと「これは気持ちです」と料理をテーブルに
載せると、子供は満面の笑みで「ありがとう!」と、
夫婦も「このコロッケ凄く美味しくて大好きなんです」って
美味しそうに食べてくれました。

このことが本当に嬉しくて嬉しくて、お客さんが帰った後、
思わずおお泣きしてしまいました。
店長が「料理屋は客に美味いと言われるのが最高の幸せだ。
だから今のお前は最高に幸せなんだぞ」と 言って、
私が泣き止むまでずっとお店にいてくれました。
お店もここにくるお客さんもみんな大好きです。・・・


B15


『事情があり叔父、叔母の家に私だけ居候してたとき、
叔父がいない時に叔母が私をいじめてきてた。
叔父には相談できずずっと我慢してたんだけど、
その日は我慢しきれず中学校からの帰りに
ファミレスに行った。
お金が無くてドリンクバーだけ頼んだ。
当時は携帯なんて持ってないし、何度も店内の
公衆電話でお母さんに電話してた。
多分泣いてたと思う…。

で、席に戻ったら、頼んでない料理が並んでた。
疑問に思ってたら店員さんが「店内のお客様からです
(笑顔)」といってメモを渡して来た。
(お腹空いてるだろう。君くらいの年頃だと
何が好きなのかわからない嫌いな物だったら…ごめん。

なんの悩みがあるかわからないが、こう言う時は
腹を満たす事。いい案が浮かぶだろう。頑張れ!) って
書いてあって、また涙出てきた。

辺りを見渡してみても店内はお客さんがいっぱいで、
誰からかはわからなかった。
お腹空いてたし遠慮なく食べたら 、またしばらくして、
デザートが届いた。
店員「お代は頂いてます(笑顔)」で、またメモ。
(笑顔が一番!頑張ってね!)

「誰からですか?」って聞いたら「もうお帰りになりました。」って。
何を頑張ればいいかわからなかったけど、凄く嬉しかった!
その後、叔母さんにいじめられていた事を
叔父さんやお母さんに言って、居候解消しました。
ますます貧乏になったけどお母さんと暮らせて嬉しかった。


人の足を止めるのは『絶望』ではなく『諦め』
人の足を進めるのは『希望』ではなく『意思』


Mituo
  

時は絶えず流れ、

今、微笑む花も、

明日には枯れる







PR

カビの生えない・きれいなお風呂

お風呂物語


入れてもらえば気持ちは良いが、
  どこか気兼ねなもらい風呂


Diy

『お風呂物語』が選ばれる理由がここにあります。

« 信じれば真実、疑えば妄想・・・都市伝説 | トップページ | 妄想劇場・特別編・ニュースの深層 »

妄想劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1772781/68140953

この記事へのトラックバック一覧です: チャンネル・掲示板・世の中捨てたもんじゃない。:

« 信じれば真実、疑えば妄想・・・都市伝説 | トップページ | 妄想劇場・特別編・ニュースの深層 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

流れ雲(^o^)