« 妄想劇場一考編 『時代の核心・時の深層』 | トップページ | 妄想劇場・・(1曲の出会い)言葉のチカラ… »

2016年11月 7日 (月)

妄想劇場一考編 『時代の核心・時の深層』

妄想劇場一考編 

信じれば真実、疑えば妄想……



Bb11


『時代の核心・時の深層』  

過去に起きていることから、
  浮かび上がってくる真実もある。・・・・

東芝と日立、なぜ両巨艦の明暗は分かれたか
世間が決める「成功」にとらわれるな

不正会計問題で窮地に陥ってしまった東芝と、
かつての不振から復活した日立製作所の「明暗」を考える。

多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない  
人間は、見たい現実を見たい生き物です。
これは、まさにカエサルの言うとおりです。
人間の本性。放っておいたら、見たいものしか見なくなる。
だから、そう思って経営者は経営をしないといけないし、
社員は仕事をしないといけない。みんな変わりたくないのです。

しかし、長きにわたってうまくいく人は、自分を変えていくのです。  
見たい現実を見るというのは、もっと正確にいうと、
見たい現実に従ってしか人間は行動できない、ということです。
だから、世の中の変化についていくというのは、
簡単ではないのです。
ましてや組織になると、もっと不器用になる。  

会社には、入ったばかりの新卒もいます。
ぶら下がって食べている人もいる。
そこで「もうこれからはいっさい、モノは作りません。
ファブレスカンパニーになります」と言った瞬間に、
「去年入った生産分野の若手社員はどうするんだ。
仕事がなくなる」などということになる。  

それで「とりあえず続けるしかないな」となってしまう。
この“とりあえず”を10年、20年放置すると危ない。
なぜなら、世の中は変わっているから。
決断を先送りにしたばかりに、もっとメガな悲劇が
起きかねないのです。

重要なのは、リーダーの先見性です。
放っておいたら、20年後に総玉砕してしまいかねないのが、
現代なのです。
このまま行ったら危ないと判断できるかどうか。  
もちろん難しさは別のところにもあります。
あまり言いすぎるとリーダー自身が追い落とされて
しまいかねないからです。抵抗勢力に滅ぼされてしまう。

ただ、そうなったとしても結局、20年後に待っているのは悲劇です。  
アメリカでいえば、GEなどは会社をドラスチックに変えていった
象徴的な例でしょう。
ジャック・ウェルチは、ほんわかした共同体の会社のモデルを
破壊して、製造業から金融にまで拡げましたが、
今度はジェフ・イメルトが製造業に回帰させようとしている。
今もどんどん変えている。それで生き残っている。  

会社にストレスをかけてでも、コアコンピタンスが通用する
フィールドを移していかなければ、今度は共同体が
滅んでしまうからです。  

日本なら、日立製作所が好例でしょう。
一度、死の淵を見てしまった。
リストラをやらなければいけなくなった。おカネがないから、
恥を忍んで世界中からエクイティファイナンスをして、
そのおカネでリストラをやった。  

おカネがなくて、リストラができなかったら、
かつて産業再生機構が手がけたカネボウと同じ運命だったと
思います。おカネがなければ、リストラはできないのです。
あるいは東芝のように、最も儲かっている事業を
売らなければいけなかった。

カネボウだって、あの時は化粧品を売り払って、
リストラ費用をつくろうとしたのです。  
その意味では、東芝は心配です。
見事にカネボウが取った道を歩んでいる。
残ったのは、半導体と原子力。
いったい、どうするつもりなのか。

メタ認知的視点を持てるか否か  東芝と日立は
電機メーカーとしてよく比較されましたが、
リーマンショックの後に、ポイント・オブ・ノー・リターンがあったと
私は見ています。

日立は思い切ってリストラに挑んだ。これは、川村隆さんという
リーダーが偉大でした。
あれだけの巨大な硬直した巨艦を思い切り舵を切って動かした。  
実は彼は一度、子会社に出ていました。
言ってみれば、一度“上がった人”だった。

それだけに、周囲の期待は薄かった。
しかし、一度上がって飛ばされて戻って来た人のほうが、
実は思い切ったことをやるものです。

伊藤忠商事の丹羽宇一郎さんやコマツの坂根正弘さんもそうでした。
子会社に出ていた人なのです。  
一度、外に出ているので、客観的になっている。
メタ認知を持っているのです。

ずっと中にいると、そうはいかない。
メタ認知など持つと、共同体の中では生きていけないからです。
共同体というのは、「メタな視点から自分の会社を見る」などという
視点を否定するからです。むしろ、それを排除しようとする。

王様は裸だと言わない約束でやっているのです。
ところが、一度、外に出た人はそうではない。
否応なしに、メタ認知を持つに至る。
その視点を活かして、日立も伊藤忠も大きな改革が
行われたのです。  

一方の東芝はどうだったか。当時の社長は、
経団連の名誉職の話もあったので、会社を大赤字にできない
状況があった。会社を建て直さなければいけない状況なのに、
改革をフニャフニャで終わらせてしまった。  
社内闘争がメディアで報じられましたが、
出世競争のようなものが生きがいになっているのではないか、と
想像せざるを得ません。

会社の中で上がると、次は経団連。さらなる名誉職を求める。  
実際、東芝の歴代トップはみな、立派な名誉職についています。
それが文化なのかもしれません。
権力を手に入れるために闘争するのが、東芝のムラ社会共同体の
カルチャーです。そして、煩悩の強い人が偉くなっていく。

権力闘争している間、会社の建て直しは行われませんでした。
昔ながらの共同体モデルがワークするような経営環境であれば、
何も問題はありません。みんな楽しくやっている。
出世競争だってすればいい。変えろ、などと言う必要もない。  

問題は、周囲は変化しているということです。
気づけば、戦国時代が来ていたのです。なのに、
まったくモードを切り替えることができなかった。
「自分の尺度」を持っていれば  これは他人事ではありません。
組織としても、個人としても、です。
なぜなら、日本人の多くが「自分の尺度」を持っていないから。
これがないから、権力にしがみつこうとする。
出世にしがみつき、会社にしがみつこうとする。  

実際、会社に入る前から、多くの日本人は“出世競争”をやっています。
小学校の頃から受験があり、偏差値の高い学校に行こうとする。
そして就職となれば、今度は“就職偏差値”の高いところに行こうとする。  
入社したら課長には早くなりたい。部長にもなりたい……。
そうやって、ある意味で極めて同質的なゲームを
小学校、中学校、高校くらいからずっとやっているのが、
多くの日本人なのです。
この出世競争だけが尺度になってしまっているのです。  

よくよく考えなければいけないのは、このゲームを最後まで
まっとうできるのは、ほんのわずかしかいない、ということです。
そのゲームをやることが、人生を気分のいいものにしているか、
今こそ自分自身で問いかけなければいけない。  
正直な自分として、何をもって成功の尺度と考えるか。

実は歳を経ていくと、これを試される局面が次々に出てきます。
この時、多くの人は混乱する。なぜなら、
ずっと自分ではない仮面をかぶってきたからです。  
自分は何者か、というのはまさに哲学ですが、
日本では、自分は何者なのか、という問いをできるだけしないよう
教育をしてきている。

常に、誰かが考えた正解があり、その正解を当てに行く教育です。
これでは、いつまでも自分の世界を確立できない。  
そして「サラリーマン」という仮面のゲームの世界に否応なしに
入っていくことになります。

「仮面」ゲームをやっているからこそ、『沈まぬ太陽』や
『半沢直樹』的なドラマが盛り上がるのです。
冷静に考えれば実にくだらない、生身のリアリティもない、
単なる出世ごっこ、派閥争いごっこです。
そのゲームのために体を壊したり、家庭を壊したり、
しまいには命を落としたりする人は、今日現在も後を絶たない。  

運良く出世競争に勝っても、いつかは会社から離れます。
そうなると単なる冴えない初老のオッサンです。
内館牧子さんのベストセラーに描かれた『終わった人』として過ごす
何十年もの時間が待っている。
みんな一緒の価値観など存在しない  そこまで来て多くの人が気づく。

「いったい自分は何のためにこんなに頑張ってきたのか」と。
必要なことは、仮面を脱ぎ捨て、建前を捨て、
自分の尺度を見つけることです。
日本はすっかり豊かになって、みんな一緒の価値観など
存在しないのです。まだ心が柔らかなうちから、
自分はなんなのか、自分にとって幸福感とはなんなのか、
考える力を養わないといけない。  

どんな時にうれしいと思ったり、どんなときに居心地が
悪かったりするのか、
どんな時に達成感が得られるのか、そういうことをしっかり
理解する。
趣味の世界に逃げることなく、自分のメインの人生、
職業人としての人生を真正面から見つめる。
どういう仕事をしている状態を幸福と感じるか、
今のままで本当にいいのか、真剣に考える。  

社会的な成功、世間が決めた成功にまったく関心が
ない人がいます。自分の尺度がちゃんとある人です。
一方で、世間様からより一層「立派だね」と認められることに
感応しそうな人たちもまだまだいる。だから東芝の事件は起きた。  

日立の大改革を成功させた川村隆さんには、
東芝の権力者が渇望していた某財界ポストを頼まれたのに
断ったといううわさがあります。
「自分の人生にはもっと大事なことがある」と。
社内では尊敬され、慕われていたと思いますが、
相談役もスパッと辞められました。

真相は定かではありませんが、本当だとすると
めちゃくちゃおしゃれです。  
日本も明らかにムードが変わってきています。
煩悩をダサいと思う人たちが増えてきている。
世代が下れば下るほど、新しいムードは強くなっています。
早く自分なりの尺度をつくっておくことです。
それができれば、人生はまったく違うものになると思います。

Author :上阪徹/ブックライター)
参考:冨山和彦(経営共創基盤CEO)
http://www.igpi.co.jp/


B11


あきらめないで




昨日という日は歴史、今日という日はプレゼント  
明日という日はミステリ



 

P R
 
 
カビの生えない・きれいなお風呂
 

 
お風呂物語
 
 
入れてもらえば気持ちは良いが、
  どこか気兼ねなもらい風呂
 
Set1_2  

  『お風呂物語』が選ばれる理由がここにあります。
   
 

« 妄想劇場一考編 『時代の核心・時の深層』 | トップページ | 妄想劇場・・(1曲の出会い)言葉のチカラ… »

妄想劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1772781/68307628

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想劇場一考編 『時代の核心・時の深層』 :

« 妄想劇場一考編 『時代の核心・時の深層』 | トップページ | 妄想劇場・・(1曲の出会い)言葉のチカラ… »

流れ雲(^o^)

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト