« 妄想劇場一考編・『時代の核心・時の深層』 | トップページ | 歴史・履歴への訪問証 »

2016年11月17日 (木)

妄想劇場・・(1曲の出会い)言葉のチカラ…

妄想劇場・・(1曲の出会い)言葉のチカラ…

時代を超えて愛されている歌 「孤独がつらく感じるとき」
「愛することがよくわからなくなったとき」
いつも、勇気と力を与えてくれた…

作詞家は、1曲の詞を書くために、言葉を巧みに操り、
その時代を象徴する言葉を探した。
その言葉は多くの老若男女の心を掴んで離さず、
その歌はヒットした。


A2211

「命の別名」 〜知的障がい者のメッセージ

ドラマ「 聖者の行進」の主題歌だった!
命の別名は明るい曲ではありませんが、
一度聞くと耳に残る中島みゆきさんワールド全開の曲です。

1998年2月、命の別名は糸と一緒に発売された35枚目の
シングル曲です。
糸をカバーしているミュージシャンが多くいます。
中島みゆきさんの曲の中でも「命の別名」の詞は、
意味深いです。

B1_2

実際に、1995年に茨城県水戸市で発覚した知的障がい者に
対する暴行・強姦事件がベースとなっているようです。
裁判の過程で、被害を受けた知的障がい者が日時や状況を
正確に証言できないと警察・検察も立件に消極的だった、

結局「公判を維持できない」という理由で、一部の詐欺・
傷害罪のみの起訴にとどまり、その他の暴行・強姦については
不起訴となったことから、行政・司法当局の知的障がい者に
対する無理解が問題となりました。

ドラマ「聖者の行進」の主題歌には、「命の別名」の他に
「糸」という曲の2つがあります。
どちらも中島みゆきさんの歌ですが、それぞれ印象が異なり、
使い分けられていることでも話題になったドラマです。

このドラマの第1~4話と第10・11話のエンディングが「糸」、
第5~9話が「命の別名」というように、
主題歌が使い分けられています。

「彼らは神様からの贈り物なのだ。」

「どんなに医学が発達しても、人間が生まれ続ける限り、
人口の2パーセント前後は、知的障がいのある子どもが
生まれてくる。
それはなぜかというと、 その子の周りにいる人たちに、
優しさとか思いやりという、 人間にとって一番大切な心を
教えるために 神様があたえてくださるからだ。

細川佳代子 (細川護煕夫人) 学校での講演


「命の別名」中島美嘉:
作詞・作曲:中島みゆき



シングルCDに収録された2曲は、いずれもTBS系テレビドラマ
『聖者の行進』の主題歌に起用された。
当初はすでに発表済みだった「糸」が起用され、
シングルがリリースされた5話以降は新曲の「命の別名」に
差し替えられた。ドラマの終盤では
「糸」がふたたびテーマ曲となっている。

今まで、中島みゆきさんの主題歌になった曲は、
40曲以上あります。
最近では、NHKの連続テレビ小説「マッサン」の
「麦の唄」があります。

B2_2

2009年11月、学術、芸術、スポーツ分野の功労者に与えられる
紫綬褒章を受章、
2014年には、2度目の紅白出場をするなど、
活躍し続けています。

アザミ嬢のララバイ・デビュー曲以後多くの名曲を
生み出している



「糸」は元来、天理教の現真柱・中山善司の結婚を祝して
1992年に作られた楽曲であった]。
中島はほどなくしてこのパワー・バラードをレコーディングし、
通算20作目となるスタジオ録音作を10月に発表した。

Author :『まぁぴょん』のまとめ
http://topicks.jp/19387


歌は心の走馬灯、歌は世につれ、世は歌につれ、

人生、絵模様、万華鏡…


「ひとり上手 」 中島みゆき 作詞 作曲

私の帰る家は あなたの声のする街角
冬の雨に打たれて あなたの足音をさがすのよ
あなたの帰る家は 私を忘れたい街角
肩を抱いているのは 私と似ていない長い髪
心が街角で泣いている ひとりはキライだとすねる
ひとり上手とよばないで 心だけ連れてゆかないで
私を置いてゆかないで ひとりが好きなわけじゃないのよ




時は絶えず流れ、今、微笑む花も、明日には枯れる



P R

入れてもらえば 気持ちは良いが、
どこか気兼ねな もらい風呂

Dr1

お風呂物語』が選ばれる理由がここにあります。

« 妄想劇場一考編・『時代の核心・時の深層』 | トップページ | 歴史・履歴への訪問証 »

妄想劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1772781/68458941

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想劇場・・(1曲の出会い)言葉のチカラ…:

« 妄想劇場一考編・『時代の核心・時の深層』 | トップページ | 歴史・履歴への訪問証 »

流れ雲(^o^)

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト