« 妄想劇場・チャンネルニュース・チャンネル掲示板 | トップページ | 妄想劇場・歴史への訪問証 »

2017年1月14日 (土)

妄想劇場・漢の韓信-(157)追いつめられて…

Photo_2

昨日という日は歴史、今日という日はプレゼント
 明日という日はミステリー

メジャーでは無いけど、 こんな小説あっても、
 
良いかな・・・

アングラ小説です、不快感がある方は、
読むのを中断して下さい


Kansin


漢の韓信-(157)追いつめられて… 

韓信が捕らえられて淮陰侯に格下げされた後まもなく、
皇帝は新たな人事を発表した。
楚・斉に新たに劉姓の王を配置したほかに、韓王信を
太原に国替えさせたのである。  

わざわざそのような人事を行ったのは、この時期
北方の異民族である匈奴がたびたび中原に
進出してくるからであった。
皇帝は韓王信を北方の都市である太原に配置し、
匈奴への備えとしたのである。  

この事実は、 建国当時の漢王朝が内外に多くの
問題を抱えていたことをよく示している。  
この人事を発表した直後、韓信は皇帝と直接
会話をする機会を得ている。

なにかと理由を付けて参内しない韓信であったが、
宮殿に出入りする機会がまったく無かったわけでは
なかったらしい。  
皇帝は韓信が宮殿内にいることを聞きつけると、
即座に呼びつけて雑談の相手をさせた。

「病気だと聞いていたが……顔色は悪くないように見える。
さては信、お前の病気は仮病であろう」  
からかうように言う皇帝を前に、韓信は真剣な表情で答えた。
「頭が重いのです。 近ごろはよく眠れず……
朝も爽快に感じることがありません。
気持ちが落ち込み、 何をするにも集中できないのです。

確かに体力的には問題ないようなのですが、
どうも心に病原を宿しているように思えます」
「邸宅にこもってばかりいるからだ。 外に出て、
人と交流しろ。たまに朕と行幸を共にするのも、
よい気分転換になるだろう」

「どうもそのような気になれません。ここにいると
常に誰かに見張られているような気がして……
陛下、 私を領地の淮陰に行かせてはもらえないでしょうか」
「……確かにお前は見張られている。
否定はせぬさ……しかし、 不自由をさせた覚えはないぞ。
領地に行くことは許さぬ」 意固地になって否定した
皇帝だったが、 ここで韓信は現実的な問題を
提示してみせた。

「どうも租税が領地から報告されている額と
合わないようでして……足りないのです。
私としては現地に赴いて実情を確かめたく
思うのですが……」  
緊急を要しているわけではなかったが、 事実であった。
どこかで不正が行われている可能性が高いと知りながら、
ここまで韓信はそれを詳しく調査する気にもなれず、
放置したままにしていたのである。  

その言のとおり、何をするにも集中できなかったからで
あろう。しかし、 皇帝はこの申し出も拒否した。
「……わざわざお前が行くべき問題でもあるまい。
しかるべき者に調査を命じ、 不正があったら処置
すればよい。官吏とはそのためにいるのであり、
王侯とは彼らに命じるために存在するのだ。

繰り返すが、お前が行くべき問題ではない」 「……」
「不服か」
「はい。……ここにいてもやることがないものですから。
陛下の臣下として働く機会を与えられないのでしたら、
自国に戻って自分の問題を解決したいと思ったのですが」
「お前はすでに大功をたてたのだから、偉そうにして
ふんぞり返っていればよいのだ。

お前の手を借りねばならぬような問題は、今のところない。
本当に病気なのであれば、今が良い機会だから
養生に専念せよ」
「……本当に問題はないと……? 
聞くところによると、匈奴の現在の首領はなかなかに
有能な人物だと。
陛下は韓王信をこれに当たらせましたが……」

「奴はお前ほどではないが、軍事の才はある。
しかし荷が重いと言いたいのか」
「韓王信は戦いにおいては粘り強く、 一時の激情に
駆られて死を選ぶような男ではありませんが、
とても匈奴の冒頓単于ぼくとつぜんう
(当時の匈奴族の首領の名)にはかないますまい。

冒頓は、かつて月氏と争い、楼煩を滅ぼした
恐るべき男です。
私が行って軍を指揮するより他に方法はありません」  
韓王信はかつて劉邦が滎陽を放棄した際、
周苛とともに滎陽に残って項羽の猛攻に耐え続けたが、
落城後周苛は煮殺され、彼は捕虜となった。  
しかし彼は折りをみて脱出し、ふたたび漢に
帰属したのである。 ・・・


つづく

Author :紀之沢直樹 (野沢直樹)
http://kinozawanaosi.com
http://mypage.syosetu.com/273441/



愚人は過去を、賢人は現在を、
 狂人は未来を語る


歌は心の走馬灯、歌は世につれ、
 世は歌につれ、
  人生、絵模様、万華鏡…



Godfather Sicilian Song




Ongaku



P R

汚れが染み込まないので、艶や光沢が
長く続きます。
お手入れも簡単です。

Rinsu1


カーリンス(車の保護剤)

ボディーの塗装面を保護します


« 妄想劇場・チャンネルニュース・チャンネル掲示板 | トップページ | 妄想劇場・歴史への訪問証 »

妄想劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1772781/69245880

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想劇場・漢の韓信-(157)追いつめられて… :

« 妄想劇場・チャンネルニュース・チャンネル掲示板 | トップページ | 妄想劇場・歴史への訪問証 »

流れ雲(^o^)

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト