« 妄想劇場・歴史への訪問証 | トップページ | 妄想劇場・一考編・ニュースの深層 »

2017年1月17日 (火)

妄想劇場・妄想物語

Photo


妄想物語(信じれば真実疑えば妄想・・)


線路上で負傷して動けないメス犬のそばを離れず
寄り添い続けるオス犬… 
列車が近づいても逃げ出すことはなかった!


52fbf1901


2016年12月25日、ウクライナ・ザカルパッチャ州の
ウージュホロドのとある線路上で、この出来事は
起きました。

すぐさま駆け付けたスタッフたちが見たものは…!

動物救助隊のスタッフが現場に駆けつけたところ、
線路上には、負傷して動けなくなったメス犬と、
そのメス犬に寄り添いそばを離れようとしないオス犬の、
合わせて2匹の犬がうずくまっていたのです。


Inu1_2


この線路は現在も列車が走っており、救助隊の
作業中も当然列車は運行しています。
そのため救助に時間をかけたくないところですが、
このオス犬は過剰なほどに人間を警戒しており、
線路上から犬をどかすどころか、犬に近づくことすら
ままなりません。そして列車がやってきます…
このままでは2匹とも轢かれてしまう…

逃げずに寄り添い続けるオス犬

列車は2匹の犬の頭上をかすめ、通過していきます。
オス犬は自らは逃げれるにも関わらずメス犬のそばを
離れず、2日間こうやってしのいできたのだそうです。  
オス犬は、ー10℃を下回る気温の中、常にメス犬に
寄り添い、暖めていたそうです。  
一刻も早くこの2匹を救助せねば…

救助活動は難航を極めるも…

危険な状況を目の当たりにした救助隊は、一刻も早く
2匹を助けようと試みます。しかし、
緊急事態における犬の見知らぬ人への警戒心は過剰で、
オス犬はメス犬を守ろうと必死です。
救助活動は難航を極めました。しかしようやく
2匹を車に乗せることができ、すぐに動物病院に
搬送しました。


231_2


Cutecat1211_2



負傷していたメス犬が「ルーシー」、オス犬は「パンダ」と
名付けられます。  
おそらく野良犬の夫婦だった2匹はこれから里親を
探すそうですが、これだけ頼り甲斐のあるオス犬であれば、
幸せな暮らしを手に入れることも実現しそうです。



B0111


感動 障がいを持って生まれ捨てられてしまった犬。
しかし素敵な笑顔は世界に勇気を与えた

障がいをって生まれた犬「デイジー」。 それが理由で
捨てられたデイジーでしたが、その笑顔は世界中に
勇気を与えました。

デイジーは生まれつき、骨格の異常が原因で上の歯よりも
下の歯が外側に出てしまう反対咬合(はんたいこうごう)でした。
また、前足にも障がいを持っていたため歩くことがままならず、
それが原因か動物保護団体が保護した時は路上に
捨てられていたそうです。

保護されたものの、障がい持ちのペットは引き取り手が
現れ辛いというのが現状です。
飼い主が見つからない状況が続き、デイジーは安楽死リストに
追加されてしまいます。
しかし、ボランティア団体がデイジーを救い出し、
それから数ヶ月後には新しい家族も見つかったのです。

デイジーの負担を減らそうと車椅子を使い、その車椅子を
可愛く装飾する飼い主さん。 これは障がい犬だからと言って
”可哀想”と思われるのではなく、明るく楽しく生きていることを
伝えるために、と考えられたそうです。

また、障がいをものともせず笑顔で駆け回るデイジーの姿を
知ってもらおうとネットに公開すると、世界中の人々から
嬉しい反響があったのです。


Bb11


障がいに負けず楽しそうに生きている姿ももちろん
そうですが、特に注目を集めているのがこの笑顔!
新しい飼い主さんの元でとっても幸せそうにしている
この表情は、見る人も笑顔に変えてくれます。

日々の生活を発信することで「障がいを持っている
からといって苦しいことは何にもない。こんなに
素敵なわんちゃんとの生活が送れているのよ」という
メッセージが込めらています。


Bb22111


殺処分を目の前にしたデイジーが見せる素敵な
笑顔は、見ている方にも元気や勇気を与えてくれます。
デイジーの幸せそうな日常はSNSなどで投稿
されています。
この素敵な笑顔を見たい方は是非フォローして
みてください。

http://underbiteunite.com/

Author :サプライズ
https://surprise-magazine.com/





歌は心の走馬灯、歌は世につれ、
 世は歌につれ、
  人生、絵模様、万華鏡…



氷雨

      




PR

汚れが染み込まないので、艶や光沢が
長く続きます。
お手入れも簡単です。


Rinsu1

カーリンス(車の保護剤)

ボディーの塗装面を保護します 。

« 妄想劇場・歴史への訪問証 | トップページ | 妄想劇場・一考編・ニュースの深層 »

妄想劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1772781/69270173

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想劇場・妄想物語:

« 妄想劇場・歴史への訪問証 | トップページ | 妄想劇場・一考編・ニュースの深層 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

流れ雲(^o^)