« 妄想劇場・特別編 「歴史が神話になる日」 | トップページ | 妄想劇場・漢の韓信-(157)追いつめられて… »

2017年1月13日 (金)

妄想劇場・チャンネルニュース・チャンネル掲示板

B


幸せがつづいても、不幸になるとは言えない
 不幸がつづいても、幸せが来るとは限らない

チャンネル・掲示板

きつい社員研修(接客用語を叫ぶ)

ある会社で、年に一度の全体研修会が、店休日を
利用して行われた。
この全体研修会では、全支店の社員が本社に集められる。
研修会と言っても管理職の方々のお話がその内容の
ほとんどなのだが、毎年、その研修会では「接客用語の
唱和(しょうわ)」というものをやっている。



B331111


この研修会でも、社長がじきじきに指揮を取って
接客用語の唱和が始まった。
全員がありったけの大声で、一つ終わるごとに
90度に礼をして、全員の声が揃うまで、また、
全員の礼が揃うまで何回も行われる。

全員が接客用語を絶叫している間、社長みずから
場内を歩き回り、一人一人がきちんと大声が出ているか
チェックする。とにかく絶叫しなくてはならないのだ。
しかし社員の中で、一人、えらく声の小さい人がいた。
たちまち社長に目をつけられてしまった。

「おい!お前や、お前!さっきから一人だけ
声が小さいんじゃ!!
お前のせいで全員の統制が乱れとるんじゃ!
もっと大声出せんのか!!」
「は、はい!すいません!」
「お前、今から会社の外に出て、一人で接客用語
やってこい!!ワシがええと言うまで、駐車場で
ありったけ叫んでこい!」

こう言われて彼は会社の外で一人で接客用語を
やるハメになった。会社の駐車場は道路に面している。
彼はそこに立って、ありったけの大声で何度も叫んだ。
「ありがとうございまーっす!! 
失礼いたしまーっすっ!」と。道行く全ての通行人が
彼を見て行く。相当恥ずかしいものがある。

一方、会場内では彼が出ていった後、やっと接客用語の
絶叫時間も終わり、次の内容に入った。
それから20分ぐらいが経った。
駐車場の彼は相変わらず大声で叫んでいる。
研修会場は二階だったが、窓際に座っている者には、
窓越しに彼の声がかすかに聞こえてくる。

40分くらい経った。その間、課長や部長が入れ替わり
立ち替わり話をしているが、彼はまだ外でやっている。
そして一時間くらいが経った時、社長が
突然叫び声をあげた。 「あっ・・!!! 
あいつは・・?! まだ外でやっとんか?!」
「は、はい、まだ外で接客用語やってます!」
「も、もうええ、もうええ!誰か連れて来たれ!
もう上がって来るように言え!! 」

どうやら完全に忘れていたらしい。そして他の社員に
連れられて、彼が上がってきた。
汗だくのドロドロになって死にそうな顔をして、
もうほとんど声が出ない状態になっていた。
「お、おう・・・ご苦労じゃったの・・。ま、まあ座れ・・・。」
なんか気まずそうにこう言われて、やっと勘弁して
もらえたということである。


課長の怒る理由


B2


同じくこの会社での研修会のことであるが、
これは、上の「全体研修会」の時のことではなく、
春に新入社員が入った時に、各営業所で個別に
行われる「新入社員研修会」でのことである。
研修は新人だけではなく、既存の社員も一緒に
参加させられる。

この研修では、主にここの営業所の所長が
指導役を務めるのだが、この日は立ち合い人として、
本社から課長が視察に来ていた。

課長とは「課」の長であるから、本社に何人も
いるのだが、この日に来たのは、よりよって、
一番タチの悪い課長だった。
営業所の所長よりも、この本社の課長の方が
身分は上である。

最初に、会社の大好きな接客用語の絶叫をやらせて、
その後、礼の仕方などの礼儀を徹底的に叩き込む。
そして研修の最後には、この、本社の方から来た課長が
一言挨拶をすることになっていた。

一通り全ての研修が終わると、後ろの方に座っていた
課長がおもむろに立ち上がった。
新人たちに向かって近づいていく。 この課長がまた、
顔が怖いのはもちろんだが、それに加えて
肩をゆすってチンピラみたいな歩き方をして、
ポケットに手を突っ込んだまま、新人一人一人を
舐(な)めまわすように見る。
課長がぴたっと、一人の新人の前で足を止めた。

「なんやぁ~、お前、その目は・・。
なんかワシに文句でもあるんか!?」 といきなり
新人にからみ始めた。びっくりしたのは新人である。
「あぁ!? なんか文句があったら言うてみぃや!」
(新人)「い・・いえ! ないです! ないです!」
「ワシに言いたいことがあるからそんな目つき
しとんだろーが! 言うてみぃーや!」

(新人)「いえ! ないです! 本当に文句なんてないです!」
「お前の目つきが気にいらんのじゃっ!
文句あるんか!コラ!」
(新人)「い・・いえ! すいません、すいません!」
とりあえずこの新人はこれで勘弁してもらえた。
なぜ謝らなければならなかったのかが、よく分からなかった。
課長はしばらく歩いて、また別の新人の前で足を止めた。

「なんや、お前、その顔は!」 (
新人)「は・・!?」
「お前の顔が気に食わんのじゃ!ワシに言いたいことが
あるんなら言うてみーや!」
(新人)「い・・いえ!ないです!ないです!」
「見ただけでムカつくんじゃ、お前の顔は!
文句があるんなら、かかってこぃーや!」

(新人)「い・・いえ! すいません、すいません!」
「誰がそんな顔してええと言うたんじゃ!
お前、ワシをなめとんか!」
(新人)「いえ! なめてません!すいません、すいません!」
・・・・・・・・・新人たちが怒られている。

仕事上のミスで怒られるのなら分かるが、
目つきが悪いとか顔が気に入らないという理由で
怒られている。 怒られているというより、
インネンをつけられている。

まるで高校時代のようだ。 このような課長の下で、
この先やっていけるのだろうかと全員が
不安な気持ちでいっぱいとなった一日であった。

なんでこんな人が課長になっているのかが
分からなかったが。 ちなみに当時の自分も
この場にいた。

あの時はもう、新人ではなかったが。 新人たちを
見ていてかわいそうという気持ちはなかった。
とにかく自分のところへ来るなと願っていただけ。
・・・


Author : Purebaner
http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/index.htm


B151



GACKTが フランスのホテルで人種差別を受けた
というニュースが報じられた。


Gack


フランスの空港近くのホテルに宿泊し、朝食を摂ろうと
立ち寄ったビュッフェで、店員から露骨な人種差別的
あつかいを受けたという。
そのビュッフェにはほかに客はなく、外の景色を
眺めたかったGACKTは入り口付近の席へ。

しかし店員が慌てて駆け寄り、奥の席へ移動するよう
指示されたという。気に留めず指示に従ったが、
その後に入店した白人客が入り口付 近の
その席についたのを見つけ、疑問をいだいた

観察してみると、白人客は入り口付 近へ、
そしてアジア人はやはり奥の席へ座るよう指示
されていたという。 奥の席が満席になっても、

アジア人はほかの席に座ることが許されないという状況に
GACKTは「わかるか、これ?ものすごく分かりやすい
差別だ よ」。

一度店を出て、再度入店してみたが、やはり同じように
奥の席へとの指示。そこで「なんでだ? 
分かりやすいように説明してくれ」
「大きい声で、わか りやすく言ってくれ」と笑顔で
店員に尋ねたところ、

「諦めたのか向こうに行って他の店員となにやらボクを
見ながら話していた。あはははは。こういうことっ て
いまだにあるんだよなぁ…」と、
露骨な人種差別にあきれていた。

ウィキペディア
GACKT及び神威 楽斗は、沖縄県出身。
日本の男性シンガーソングライター、俳優。
旧芸名:Gackt。GACKTのファンの総称は『LOVERS』。
身長180cm、血液型A型。
生年月日: 1973年7月4日 (43歳) 身長: 180 cm

Author :(日刊スポーツ)




歌は心の走馬灯、歌は世につれ、
 世は歌につれ、
  人生、絵模様、万華鏡…



二丁目の子守唄

      

Ongaku



PR

汚れが染み込まないので、艶や光沢が
長く続きます。
お手入れも簡単です。


Rinsu1

カーリンス(車の保護剤)

ボディーの塗装面を保護します 。

« 妄想劇場・特別編 「歴史が神話になる日」 | トップページ | 妄想劇場・漢の韓信-(157)追いつめられて… »

妄想劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1772781/69229278

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想劇場・チャンネルニュース・チャンネル掲示板:

« 妄想劇場・特別編 「歴史が神話になる日」 | トップページ | 妄想劇場・漢の韓信-(157)追いつめられて… »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

流れ雲(^o^)