« 妄想劇場・番外編・「八 音 琴 」(最終話)  | トップページ | 妄想劇場・妄想物語 »

2017年3月17日 (金)

妄想劇場・チャンネル掲示板

V01511111121


幸せがつづいても、不幸になるとは言えない
 不幸がつづいても、幸せが来るとは限らない


4428752858_babeb9e3c9111

瀬戸内海に浮かぶ小さな島・大久野島。
野生のうさぎが多数生息し、「うさぎ島」と
呼ばれている。
国内をはじめ、海外でもうさぎ島は話題となり、
有名な観光地になった。
しかし、かつてうさぎ島と呼ばれている大久野島は、
地図から消された過去を持つ。・・・

うさぎ島として取り上げられている大久野島。
ここは戦時中毒ガスの製造工場があった。
1984年戦後40年たってようやく、日本軍が
毒ガスを製造していたことが知られた。

大久野島が毒ガスを製造していたことが知られなかった
背景は、化学戦の実態が慎重に秘匿とされており、
旧軍事関係者しか知らなかったからだ。

この大久野島が毒ガス島となった経緯は、
第一次世界大戦時に地理的な条件がよかった
という理由から、毒ガスを製造することになった。

大久野島は東京から離れており、離島で秘匿が
容易だったことから毒ガスの大量生産拠点となった。
秘匿性の高さは先ほどの書いたように、
戦後40年たって日本の化学戦実施に関する
報道がされ知れ渡った。

1925年はジュネーブ議定書に日本は署名していたが、
第二次世界大戦前には批准していなかった。
要するに条約に署名はしたけど、最終的な同意は
してない。と言うこと。

ジュネーヴ議定書が作成・発行された理由は、
第一次世界大戦時、ドイツ軍が始めて近代的な
化学兵器が使用されたことを受けて、
化学兵器の使用の禁止を定めたもの。

よって、毒ガスを含む化学兵器は戦争での使用が
禁止されていた。しかし、開発や保有する頃は
合法だった。

また、大久野島が毒ガスの製造拠点となった
理由はいくつかあり、東京から離れていたと言う点や
比較的人が住んでいるところに近く、労働力や
資材を確保しやすいと言った点がある。

東京から離れていれば、毒ガスがもれ出ても
被害が少なくて済む。その上、
中国大陸に近いのも理想的だった。

その一方で芸予要塞が廃止されて、大久野島の
忠海町は不況状態。よって、軍事施設を誘致した。
色々ありながらも、大久野島は毒ガス
大量製造拠点となる。

4041501708_2e48f4d5ff1

地理的に毒ガスの大量生産が可能だと言うことで、
毒ガス島になった大久野島。
毒ガス向上の存在は機密にしておかなければならない。
よって、陸軍が発行した地図には大久野島一帯が
空白地帯にとして扱われた。

要するに地図から消えてしまった。
大久野島が地図から消えていた間は毒ガスを
大量に製造していたことは言うまでもなく、
そこで働いていた従事者達は毒ガス工場へは
希望入所ではなく、国家総動員法の徴用令状
(青紙)に連れてこられた徴用者たち。

徴兵令状は赤紙と呼ばれていたことに対して、
徴用令状は青紙と呼ばれていた。

青紙で連れて来られたのは16~17歳という未成年。
毒ガス工場の元従事者達は安全性を無視した
労働環境に置かれた。
辞めたくても辞めることができなかった。

非国民と呼ばれることを恐れ、辞職を願い出た人には
憲兵がやってきては責め立てて、殴った。
元従事者たちは戦争中は憲兵から大久野島で
見聞きしたことを外部に話すこと禁じられ、
戦後は毒ガス工場に従事したことで差別
されるのではないかと恐れた。

生産された毒ガスは、イベリットガス(マスタードガス)、
ルイサイトガス(有機砒素化合物)、クシャミガス、
催涙ガスの4種類。

最初は毒ガスの需要が少ないこともあって、
サイロームといわれる農薬を作っていた。
サイロームは青酸で出来ており、本当によく効く農薬で、
みかん農家の人には大変重宝されていたそうだ。

生産された毒ガスの総量は6,616トンといわれ、
終戦後は大久野島に残った毒ガスは合計3,270トンで、
それらは、海洋投棄、焼却処分、地中処分と言った
方法で処分された。

除毒措置も施されたが、今なお島内地下4~5メートルの
土壌で高濃度の砒素が検出されていると言う。

大久野島で働いた従事者にももちろん健康被害があった。
1950年に元従事者から喉頭がんが始めて発見され、
それから激しいせきや痰、原因不明の頭痛に
悩まされる人が相次ぎ、毒ガスの後遺症の
特徴である肺炎、慢性気管支炎、呼吸器官系の
がんになった。

国のためと信じて毒ガスを作り続けた元従事者達の
多くは、毒ガスによる重い後遺症に
悩まされることになった。

7420382884_3d10bb552712

大久野島には元々この島にはうさぎはいなかった。
それが1971年に島外の小学校で飼いきれなかった
うさぎが8羽放たれた。

そしたら、700羽まで増えた。そして大久野島はうさぎ島と
呼ばれるようになった。

現在はうさぎも人に慣れ、愛くるしいしぐさを見せてくれる。
よって、年間約10万人も訪れる一大観光スポット
「うさぎの楽園」として呼ばれるようになった。

うさぎの起源に対しては色々言われていたようで、
毒ガスの実験や検知のうさぎが終戦後施設とともに
放置され、繁殖したというものがあったそうだが、

毒ガス実験用のうさぎはすべて、終戦後処分された。
また不思議なことに、毒ガスの処分が終わり大久野島の
生物調査を行なった広島大学によると、島全体に
殺菌・消毒のために厚さ3センチものカルキがまかれ、
動植物の生息は難しいという状態で、うさぎが
生存できる状況ではなかったそうな。

昔、毒ガス島と呼ばれた大久野島だが、今では
うさぎの楽園、うさぎ島という愛くるしい島になった。
今の現状を保って行きたいと願うばかりである。


Author :NAVER まとめ
https://matome.naver.jp/


C0681111

出くわした料理番の役人が平伏すると、
何と袖から魚の切り身が飛び出しました。
それは、彼が持って帰ろうと盗んだものでした。

しかし忠世は気が付かなかったふりをして、
その場を通り過ぎます。
忠世の家来が、後で調べて処罰しますと伝えると、
忠世はそれを制止しました。

「あの料理人が悪いのではなく、私の責任だ。
彼の給料では、ああするより無かったのであろう」

しかし、役職を利用して公のものを盗むなど
許し難いのでは、と家来は納得できません。

その様子を見て、忠世は言葉を続けます
「役得が無ければ料理人が食っていけない。
そんな政治を行っているのは私たちではないか。

うーん、そうだ。まずは彼らに羽織を
支給してやろう」
羽織を支給する理由がさっぱり分からず、
家来は困惑してしまいます。

「羽織を支給すれば、役得の魚の切り身も
上手に隠せる。
そうすれば、恥をかかなくてもすむだろう。
その間に私たちは政治をよくするのだ」

こののち、彼の尽力により政治は改まり、
魚をくすねる必要のない給料が
行き渡るようになったそうです。
・・・

Author :grape(グレイプ)
ht
tp://grapee.jp/about


B


歌は心の走馬灯、歌は世につれ、
 世は歌につれ、
  人生、絵模様、万華鏡…

「心酔わせて



Ongaku


P R : 

「カーリンス」 (車の保護剤)

(CAR ボディーの塗装面を保護します )

G01

(汚れ取り、艶出し、撥水剤)の 3つの
成分が入ったメンテナンス商品です。

« 妄想劇場・番外編・「八 音 琴 」(最終話)  | トップページ | 妄想劇場・妄想物語 »

妄想劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1772781/69957874

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想劇場・チャンネル掲示板:

« 妄想劇場・番外編・「八 音 琴 」(最終話)  | トップページ | 妄想劇場・妄想物語 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

流れ雲(^o^)