« 妄想劇場・特別編 (知られざるニュース) | トップページ | 妄想劇場・歴史への訪問 »

2017年3月20日 (月)

妄想劇場・一考編・(ニュースの深層)

V0151111114


『時代の核心・ニュースの深層』



過去に起きていることから浮かび上がってくる
真実もある。・・・

B3b122bc37368d78e7bac6af4843867711

覚せい剤の使用や密売などで逮捕起訴され、
通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基に
さまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、
女子刑務所の実態を語る

後悔をムダにしないために

ムショ帰りを隠さず、むしろ同じようなつらさを抱えた
人たちに寄り添いたいと思って、会社を作ったり、
覚せい剤についてメディアにコメントしたりしています。

そもそも刑務所とは、どんなところなのでしょうか? 
刑務所とか拘置所という名前は皆さんも耳にすることが
あるでしょうが、違いなどはご存じないと思います。
まず、覚せい剤や傷害などの「刑事事件」で警察に
逮捕されると、警察署の留置場に留置されます。
そして、取り調べの後に起訴されると拘置所、
そして、刑が確定すると刑務所に収容されます。

拘置所までは刑が確定していないので、「未決囚」
としてわりに自由な生活が送れます。もちろん
「看守」に見張られてはいますが、ジャージなどの
私服がOKで、差し入れ屋さんでお菓子やお弁当、
雑誌なども買えます。

面会や手紙も毎日1回ずつ許され、工場などでの労働
(刑務作業)もありません
。同じ部屋(8人くらい)の人と大笑いしながら
話もできますから、「いじめ」とかに遭っていない限り、
楽しく過ごせる場所です。

もちろん規則は厳しいです。お化粧はダメですし、
首吊り自殺をしないようにパーカーやスウェットパンツの
ヒモを外すとか、ショーツはレースつきやTバックなど
華美なものはダメなどの決まりがあります。

最近ではラインストーンやボタンがついた下着、
短すぎる短パンなどもダメですね。
また、手紙を書いたり、ものを買ったりするのは基本的に
「願箋」(がんせん)という用紙に必要事項を記入します。
これがめんどくさいです。字が汚いと却下されることも
あります。

薬を飲む場合も、いちいち願箋に書いて飲むところを
確認されます。飲んだフリをして溜めておいて、
一気に飲んで自殺を図ることもあるからなのだそうです。

そして、刑務所は拘置所と比べものにならないくらい
何をするにも、とにかく「不自由」です。
刑が確定して「既決囚」になると、舎房着
(いわゆる囚人服)を着せられ、男性は丸刈りにされます。
手紙や面会も、多くて月に4回程度になります。
手紙を出す相手も、関係をしつこく聞かれたうえで
「許可」か「不許可」が決まります。

そして、許可をもらっていないのに勝手な行動をしたら、
一瞬で「調査&懲罰の対象」になります。
1日8時間は無言で「刑務作業」ですから、
おしゃべりもできません。面会も許可されている人としか
できないので、情報交換も次第にできなくなって、
「浦島太郎」となっていきます。

人殺しから万引まで一緒

こうした規則の厳しさは、男性の刑務所とそんなに
変わりません。
男性との大きな違いは、人数ですね。『犯罪白書』
(平成27年)によると、男性の既決囚約5万人に対して、
女性は約5,000人と、10分の1くらいだそうです。
ですから、女子刑務所の数は少なく、男性のように
「LB」(累犯の長期受刑)などの区分もありません。

人殺しから万引常習者まで、みんな一緒です。
ちなみに一番多いのはナント「覚せい剤」関連です。
自分で使ったり、バイ(密売)やバイ目的の所持ですね。

刑務作業を行う工場は「初犯」と「累犯」に分けられ、
さらに通称「モタ工」(モタモタ工場の略)という
高齢者や障がい者向けの軽作業のグループもあります。
「モタ工」は男女共通で、差別語かもしれませんが、
刑務所では普通に使われています。

このほか調理や高齢の収容者の介護などの担当も
ありますが、これは誰でもできるわけではなく、
品行方正で真面目な人が担当します。
堀江貴文さんや鈴木宗男さんなどは高齢者の
介護を担当されていたそうです。

そして、初犯の工場のほうが、むしろ厳しくされます。
「つらい仕打ちに耐えて、二度と戻ってこないように」
という刑務官の親心なのかもしれませんが、
私も、つらくて死にたくなったことがあります。

累犯のほうは、「また戻ってきたの? 
しゃあないなあ」って感じで、なれ合いすら感じます。
いずれにしろ「きちんと更生しよう」という
気持ちになれるシチュエーションではないですね。
少なくとも、ムショは反省するところではないです。

いわゆる模範囚も「早く仮出所したい」や
「お菓子が食べたい」(問題を起こさないでいると、
仮出所の審査の時に有利だったり、お菓子の購入や
面会・手紙回数の増加などのご褒美があるんです)
とか、そんな下心しかありません。

懲役とは、簡単に言うと「働く」ことなので、基本的に
こうした工場が生活の中心となります。
寝起きする舎房も、工場のメンバーと一緒です。
舎房ではケンカあり、イジメあり、笑いあり、
涙ありと、いろいろあって面白いのですが、
もう戻りたくはないです。・・・


中野瑠美(なかの・るみ)
1972年大阪・堺市生まれ。
特技は料理。趣味はジェットスキーとゴルフ。
『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)や
『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)
などの出演でも注目を集める。
・・・


Author :サイゾーウーマン
http://www.cyzowoman.com/about.html

69211

「おばあさんが駅で待っているので、来てください」
こちらに聞き返す間も与えないぶっきらぼうな電話。
電話は一方的に切れましたが、何のことか
分かりません。おばあさんとは、
72歳になる私の母のことでしょうか。

そういえば、母は電車で隣町に買い物に
出かけました。そろそろ帰ってきてもいい時間です。
電話の声は、若い男の声で棒読み口調。
もしかして、いたずら電話かもしれない、
そう思いながらも私は半信半疑で駅に
向かいました。

母が隣町になる高校の男子生徒数人に
取り囲まれているのが遠くから見え、
私はたじろぎました。

身を固くして構え、負けてはいけないと
自分に言い聞かせつつ、私はたむろする
彼らに向かっていきました

髪型といい、改造した制服といい、
ツッパリの看板を自ら声高に宣伝しているような
学生たちでした。

母が手を上げて私を呼んでいます。
私は勇気をふるって近づきました。
そして、母の話を聞き、へなへなと腰がくだけ
落ちてしまいました。

母は帰りの車中で貧血を起こし、彼らに
介護されたのでした。
座席を譲り、カバンで風を送り、渡線橋は
おぶって渡ってくれたそうです。

180センチはある、ごつい体格の子がもじもじ
しています。
私は、しどろもどろになりながら、やっと
お礼を言いました。

自分が恥ずかしくて、そして何よりもその
高校生たちに申し訳けない気持でいっぱいでした。

彼らは、ニコニコ笑いながら、名前も告げずに
手を振って去って行きました。

私と母は、その学校長宛てに、心からの
お礼状をしたためたのでした。・・・


@Heaaart - アットハート
http://heaaart.com/


A331



歌は心の走馬灯、歌は世につれ、
 世は歌につれ、
  人生、絵模様、万華鏡…



愛はいずこへ



00241



P R

 「カーリンス」 (車の保護剤)

(CAR ボディーの塗装面を保護します )

G01

(汚れ取り、艶出し、撥水剤)の 3つの
成分が入ったメンテナンス商品です。

« 妄想劇場・特別編 (知られざるニュース) | トップページ | 妄想劇場・歴史への訪問 »

妄想劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1772781/69988502

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想劇場・一考編・(ニュースの深層):

« 妄想劇場・特別編 (知られざるニュース) | トップページ | 妄想劇場・歴史への訪問 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

流れ雲(^o^)