« 妄想劇場・チャンネルニュース・掲示板 | トップページ | 妄想劇場・特別編 (知られざるニュース) »

2017年4月 2日 (日)

妄想劇場・妄想物語

V015111111611

信じれば真実、疑えば妄想・・

『火の蛾』・・・

何よりも大切にしていた家庭という花園の崩壊に
直面しながら、夕美は自分の中に狂ったように
舞いつづける1匹の蛾を見つづけていた。

男の炎に焼かれていく女の業の哀れさを
巧みに描く ・・・

354111

1974年9月23日の朝、東大阪でタイル工務店を経営する
林幸雄(42)の妻・夕美(33)は、仕事に来なかった
野本茂(24)の下宿に行ってみると、野本は風邪を
引いたと言って横になっていた。

夕美は上がりこんで熱を測ろうとした手を取られ、
そのまま関係を結ぶ。しかしそこへ幸雄が現れ、
野本に首を言い渡し、夕美を連れ帰った。

翌日の夜、夕美の妹とその亭主、夕美の弟が
幸雄の家に集まり、2歳の子供もいると幸雄を説得し、
夕美が手をついて謝ったため、離婚をせず夕美は
家に残った。

しかし翌日の25日、夕美は野本と会い、ラブホテルで
関係を結び、夕美は野本の要求通りに五千円を渡す。
26日、野本は林家へ現在の居場所を伝え、
幸雄と夕美の弟は野本がいる松原へ行き、
慰謝料三百万円を請求する。

10月11日、妊娠を疑って産婦人科に行くが、帰り道
野本は待ち伏せていて、そのままホテルに行く。
野本は幸雄に保険金をかけ、殺して金を奪おうと
計画を持ちかける。

しかしその夜、野本と会っていたことが幸雄や
兄弟たちにばれる。それでも夕美は家に居て堕胎し、
野本との関係も続いていた。

偶然、夕美の弟が交通事故に遭い、たまたま保険に
入っていたことから、幸雄も保険金の金額を
五百万円から、五千万円に挙げた。

そのまま時は過ぎ、正月となった。幸雄は例年通り
家族全員で金沢の実家へ行こうとしたが、
夕美は一番下の子供を連れ、岐阜の伯父の家に行き、
3日に金沢に入ることとした。

当然岐阜では、野本と過ごしており、3日は野本と
一緒に大阪へ帰った。
そのことを幸雄に告げると、幸雄も翌日、
大阪に帰ることとした。

しかし幸雄は岐阜の伯父の家に電話をかけ、
夕美が野本と過ごしていたことを知る。
雅夫は大阪に帰り、夕美の妹の亭主のところに行き、
夕美と別れることを告げた。

幸雄と夕美の妹と亭主、夕美の弟は夕美を責め、
夕美は開き直って下の息子と二階で寝てしまった。
夜中に起きた夕美は、幸雄がいない事を知ると、
そのまま野本の所へ駈け込む。しかし結局、
夕美は家に帰った。

そのまま時は過ぎ、夕美と野本との関係も
続いたままの六月。夕美は知り合いの菓子商から
居抜きで店を買い、小売りを始めていた。

6月11日、ついに野本は殺害を決意。夕美が幸雄に
睡眠薬を飲ませ、眠ったところを野本が玄関の
置石を幸雄の顔にたたきつけた。

そして幸雄を風呂に連れ込み、沈めて殺した。
野本は逃亡。翌日、夕美は予定通り強盗が入って
幸雄を殺したといったが、夕美が盗まれたといった
お金が箪笥に残っていたため、警察は夕美を
疑いだす。・・・

夕方、長女のノートを見つけた刑事は、夕美に
最後のページを見せる。そこには、中学へ上がる
長女に向けてのメッセージであり、家族のことを
想った幸雄の言葉であった。

それを見た夕美は号泣し、野本の名前と
住所を継げた。・・・

「火の蛾」は『死んでもいい』というタイトルで、
1992年に映画化されている。
監督・脚本が石井隆で、主演は大竹しのぶ、
永瀬正敏。ストーリーはある程度代えている…。


Author :事実は小説の元なり
http://www.geocities.jp/hyouhakudanna/





C116111111111


金澤翔子という書家がいます。
その力強い筆さばきには息をのみます。

翔子さんは、新生児期に敗血症にかかり、
後にダウン症と診断されました。

当初、その事実を知った母親の泰子さんは、
我が子と共に死のうとも考えたそうです。

しかし、夫の熱心な想いと、
遅咲きながらも少しずつ育っていく子の姿を見て、
泰子さんは、死ぬことを思いとどまったといいます。

そして5歳になった翔子さんに、
書家であった泰子さんは書道を教え込みました。

父親は、何も言わずにこやかに
翔子さんの書道を褒めてくれたそうです。

母の泰子さんは、ダウン症のことを隠しがちでしたが、
父親は少し違いました。

「翔子は、千人に一人授かる大切な子なのだよ」と
むしろ翔子さんを誇りに思い、言葉通り大切に
育てました。

悲嘆にくれたりはせず、お祭りの時なども、
翔子さんを高々と抱き上げ、肩車をしたりして
遊んでいました。

その優しいお父さんは、翔子さん14歳の時に
亡くなられました。
やがて翔子さんは、その才能を開かせ、数々の
名のある賞を受賞し、名を知られるようになります。

2012年NHKの大河ドラマでは、
「平清盛」の題字を担当するまでになりました。
その翔子さんが、ニューヨークのロックフェラービルで
取材された時のことです。

そこは高いビルで知られている場所です。
「翔子さんが今まで登った一番高い所はどこ?」
と聞かれました。
それに対する翔子さんの答えがふるっていました。

「今まで登った一番高い所はどこ?」と聞かれた
翔子さん。すかさず口をついて出た答えは、
「お父様の肩車」でした。

翔子さんのお父さんは、彼女を深く愛していました。
翔子さんは、あの高いロックフェラービルの
最上階に立ち、そのビルよりもなお父親の
肩車のほうが高かったと言うのです。

この高さは、父親の愛の深さであり、人格の
高さだったのでしょう。
感性豊かな翔子さんは、それを感じているのでしょう。

翔子さんへの父親の思いを、母、泰子さんも
忘れはしないといいます。


Author :金澤泰子さんの談話
「いい習慣がいい人生をつくる」
http://yuru2club.com/



歌は心の走馬灯、歌は世につれ、
 世は歌につれ、
  人生、絵模様、万華鏡…




美空ひばり「さくらの唄」秘話

「さくらの唄」を書いたなかにしさんは、当時
「兄の借金を丸ごと抱えこんで失意のどん底に
あった時に、自分の身代わりにもう一人の自分を
あの世に送り出すために書いた」もので、
生きていることが辛いという悲しい歌詞だ。
ひばりが共感したのもそのあたりだったのかも
しれない。・・・





作詞・なかにし礼。作曲・編曲三木たかし。
この曲は歌手だった頃の三木たかしが自作自演で
1970年に出したが全く売れなかった

この名曲を復活させた功労者は、「時間ですよ」
「寺内貫太郎一家」をヒットさせたTBSプロデューサー
故・久世光彦だった。

彼はドラマのテーマ曲に使うためには、
三木たかしの歌ではなく「この歌を歌う資格がある
歌手はこの世にたった一人しかない」と
美空ひばりの名前をあげた。

だが、今のようなカバーブームでもない時代に、
歌謡界の女王が他の歌手の曲なんか歌うわけが
ないとレコード会社からは断られる。

それでも久世はあきらめなかった。
あまりに執拗なお願いにコロンビアも根負けし
「では、ご自分でお嬢に交渉してみたら…」と
譲歩する。

そこで久世は大きなテープレコーダーを抱えて
ひばりが公演中だった名古屋の御園座まで
出向いた。
楽屋で三木の「さくらの唄」を流すと、
ひばりは「もう一度聴かせて…」と耳を傾けた。

ひばりは一度メロディーを聴くとすぐに歌える
天性の音感があった。
二度目の途中から、ひばりは涙をポロポロと
流しながら一緒に口づさみ
「歌わせていただきます」と返答した

なかにしさんによると、ひばりのレコーディングは
普通の歌手と違いカラオケは使用しない。
常に、フルバンドとの同時録音。

録音の日には、社長と役員たちが玄関前で
ひばりの到着を待つ。
それは、なかにしさんによると、
「芸能界の女王とかというよりも人々がひばりの
歌の魔力、芸能の美しさに対する素直な
屈伏とでも言ったらいいか、神の降臨を待つ
民たちの喜びにも似たものなのだ」そうだ。・・・

ひばりはレコーディングでも楽譜も歌詞も見ない。
「自分の歌うべき唄を作った詩人と作曲者に対する
尊敬の念が強い。その分、集中力も強いのだ。

彼女の胸の中には歌への憧れが炎となって
絶えず燃え上がっている。
その情熱の激しさを疑わないことが、彼女自身の
歌に対する並々ならぬ自信となっている。
全てが頭の中に入りこんでいる」・・・

なかにしさんとひばりは一歳違い。一つ年上の
ひばりは、なかにしさんに「お嬢」ではなく
「姉上」と呼ばせていた。

録音はギターのみの伴奏から入り途中から
弦楽器のオーケストラが入ってくる。
テイクワンで十分だった。

歌は申し分なかった・・・、

なかにしさんたちは、オケが唄に引きずられて、
後ろからノコノコとついて歩いているみたいに
感じた。・・・

オーケストラの面々は、全員がクラシック畑の
一流奏者ばかり。「歌謡曲なんて…」と端から
軽蔑している。
それが、ワンテイクで、楽団員の気持ちが
ガラリと変わる。

ひばりの歌力に圧倒されるのだそうだ。
なかにしさんは言っていた。
いつもは高級な楽器を使っているのに、歌謡曲の
アルバイトには安物の楽器でスタジオ入りする
輩も多いと。

そのクラシック界の一流奏者たちの目が
一度目の録音後に変わるそうだ。
「彼らが、美空ひばりの歌の凄さに圧倒されて
いるのが手に取るように分かる。
目元から軽蔑の色合いが薄れていき、
やがて尊敬の色に変わっていく」
(黄昏に歌え) より・・・

楽曲は、文字を読めない人にも感動を与え、
いにしえの誰が作ったかわからない歌でも
延々と歌い継がれている・・・。


Author :加世田智秋
http://profile.ameba.jp/counselors/



こうして、こうすりゃ、こうなるものと、 知りつつ、
  こうして、こうなった



Photo




P R : 

G・ブラックコート  

黒の復活(黒のコーティング)

G02

未塗装樹脂部分の白くなっている
箇所を→ 黒くします。


« 妄想劇場・チャンネルニュース・掲示板 | トップページ | 妄想劇場・特別編 (知られざるニュース) »

妄想劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1772781/70130003

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想劇場・妄想物語:

« 妄想劇場・チャンネルニュース・掲示板 | トップページ | 妄想劇場・特別編 (知られざるニュース) »

流れ雲(^o^)

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト