« 妄想劇場・漢の韓信外伝ー斉の残党 | トップページ | 妄想劇場・チャンネルニュース・掲示板 »

2017年6月18日 (日)

妄想劇場・歴史への訪問

V01511111171


昨日という日は歴史、今日という日はプレゼント
明日という日はミステリー


Ac_22ilac03111111111111

娘婿を、求めている。
 身分や家柄は、一切問わぬ。
 勇気があり、勘の良い者を求めている。
 我こそはと思う者は、集まるように。
 例え婿に選ばれなくとも、来た者には金一分
 (きんいちぶ)をやろう》

それを見た一人の若者が、飛び上がって喜びました。
この若者は前々から長者の娘が好きだったのですが、
身分が違い過ぎるとあきらめていたのです。

さて、大金持ちで美しい娘の婿になれるとあって、
あちこちから大勢の若者が長者の家に
集まって来ました。
長者は、若者たちに言いました。
「これから、婿選びの試験を行う。

裏山から松の木を転がすから、下で見事
受け止めてみよ。
死ぬかもしれんから、怖い者はこの場を立ち去れ」

見てみると、裏山には大人が三人でも
抱え切れないような、太い松の木の丸太が
用意されています。
それが急な裏山の斜面を転がって来るのですから、
失敗すれば間違いなく死んでしまいます。

「あの、おれやめます」
「おれも、まだ死にたくないから」
「おれも、おれも」
そう言って集まってきた若者のほとんどが、
金一分をもらって帰っていきました。

残ったのは二人の男と、長者の娘の事が好きな
若者の三人です。
「それでは、試験をはじめるぞ」
一人目の男は、転がってくる丸太を軽そうに
受け止め、次の男も何とか受け止めました。

そして三人目の若者は、丸太転がしの用意の出来る間、
長者の家の裏側でふるえていました。
「どうしよう。下手をすると、死んでしまうぞ。
お嬢さんとは結婚したいが、死んでしまっては
結婚どころではないし」

するとどこからか、こんな子守唄が聞こえてきました。
♪裏山からの、松の木は
♪紙で作った、偽物よ
それを聞いた若者は、
(なんだ。紙なら、どうって事はない)と、なんなく
丸太を受け止めました。

この試験では娘婿が決まらなかったので、
次に長者は俵(たわら)を二つ下男に持ってこさせて、
三人に言いました。
「この二つの俵の中には何がどれほど入っているか、
俵に触れる事なく言い当ててみよ」

さっきの丸太転がしでは勇気を、そして今度は
勘の良さを試そうと言うのです。
一人目の男は当てずっぽうを言って間違え、
次の男も当てることが出来ませんでした。

若者は順番を待つ間、また家の裏側へ行って、
「どうしよう? さっぱりわからん」と、考えていると、
また子守唄が聞こえてきました。

♪俵の中身は、アワとキビ
♪入っているのは、一斗と五升
それを聞いた若者は、喜んで長者の前に行くと、

「俵の中にはアワとキビが、一斗五升づつ
入っています」と、答えました。
すると見事に正解で、若者は長者の娘婿に
選ばれたのです。

そして祝言が終って嫁さんになった娘が若者に言うには、
実は嫁さんも前から若者の事が好きで、
あの子守唄は嫁さんが手伝いの娘に
歌わせたのだという事です。

・・・

おしまい


Cut_530111111

むかしむかし、藤兵衛(とうべえ)というお百姓がいました。
毎日毎日がんばって働くのですが、いくら働いても
暮らしは楽になりません。
そのうちに、子どもたちに食べさせる物もなくなっ
てしまいました。

「ああ、腹がへったよう」「おっかあ、何かないの?」
「腹がへって、眠れないよ」
子どもたちにねだられても、家にはイモ一つありません。
「みんな、よく聞いてくれ」

藤兵衛は子どもたちを集めると、悲しそうな顔で言いました。
「今まで一生懸命に働いてきたが、暮らしは悪くなる一方で、
この冬をこせるかどうかもわからん。そこで、この土地を
すててどこかよそで暮らそうと思うんだが」
「おっとう、それは夜逃げか?」
「まあ、そういう事じゃ。今出て行くと人目につくで、
明日の朝早くに行こうと思う」

その夜、藤兵衛が夜中に起きて便所に行こうとすると、
納屋(なや→物置)からゴソゴソと音が聞こえてきました。
(何じゃ? ドロボウか? 今さら取られる物もないが)
藤兵衛が見に行くと、納屋に見知らぬ老人がいました。

「誰じゃ、お前は?」
「おや、まだ起きとったか? わしは、貧乏神(びんぼうがみ)じゃ」
「び、貧乏神じゃと?」
「そうじゃあ、長い事この家にいさせてもろうた」
「そ、それで、その貧乏神が、こんなところで何をしている?」

「何って、お前ら、明日の朝早くにここから逃げ出すんだろう? 
だからわしもいっしょに出かけようと思って、こうして
わらじをあんどったんじゃあ」
そう言って貧乏神は、あみかけのわらじを見せました。

「それじゃ、お前もついて来るつもりか?」
「そういう事じゃ」
「・・・・・・」
藤兵衛は家に戻ると、おかみさんを起こしました。
「おい、起きろ! 大変じゃ!」
「うん? どうしたね」

「それがな、貧乏神が家の納屋におるんじゃ」
「貧乏神が? それで、いくら働いても暮らしが
楽にならんかったんか」
「そうじゃ」

「でも、わたしたちはこの家を出て行くんだから、
もうどうでもええよ」
「それが、違うんじゃ! 貧乏神のやつ、わしらに
ついて来ると言うんだ!」

「えっー! それなら、夜逃げをしても同じじゃないの」
「ああ、そう言う事だ」
二人はがっかりして、夜逃げをする元気も
なくなってしまいました。

次の日の朝、貧乏神は新しいわらじを用意して、
藤兵衛一家が出発するのを待っていましたが、
いつまでたってもみんな起きてきません。
「おそいなあ。もうすぐ日が登るのに、
どないしたんだろう?

確か、今朝夜逃げするはずだが、もしかすると
明日だったかな?まあ、いい。
それなら明日まで、わらじをあんでおこうか。

どこに行くかは知らんが、わらじはよけいある方が
ええからな」
貧乏神は納屋に戻ると、せっせとわらじを
あみ出しました。

しかし次の日も、その次の日も、藤兵衛一家は
家を出て行く様子がありません。
貧乏神は毎日わらじをあみ続けていましたが、
そのうちにわらじ作りが楽しくなって、いつの間にか
納屋の前にはわらじの山が出来ました。

こうなるとそのうち、わらじをわけてほしいという
村人がやって来ました。
すると貧乏神は、気前良くわらじをわけてあげました。
「さあ、どれでも好きな物を持っていきなされ」
「すまんのう」「ありがたいこっちゃあ」

村人は次々とやってきて、大喜びでわらじを
持って帰りました。
それを見た藤兵衛は、良い事を思いつきました。
「そうじゃ。あのわらじを売ればいいんじゃ」
さっそく藤兵衛は貧乏神のあんだわらじを持って、
町へと売りに行きました。

「さあ、丈夫なわらじだよ。安くしておくよ」
すると貧乏神のわらじは大人気で、飛ぶように売れました。
けれどやっぱり、暮らしは楽になりません。
「やっぱり貧乏神がいては、貧乏から抜け出せんなあ。
こうなったら何とかして、貧乏神に出て行ってもらおう」

藤兵衛はわらじを売ったお金でお酒やごちそうを
用意して、貧乏神をもてなしました。
「貧乏神さま、今日はえんりょのう食べて、飲んでくだされ」
「これはこれは、大変なごちそうじゃなあ」
「はい、貧乏神さまがわらじをあんでくださるおかげで、
たいそう暮らしが楽になりました。ささっ、これも
食べてくだされ。これも飲んでくだされ」

「そうかそうか。それじゃ、よろこんでいただくとしようか」
貧乏神はすすめられるままに、飲んだり食べたりしました。
そのうちに、すっかり酔っぱらった貧乏神は、
藤兵衛にこう言いました。

「いや~、すっかりごちそうになってしもうた。・・・しかし、
こんなに暮らしが良くなっては、わしはこの家におれんな。
今まで世話になったが、もう出て行くわ」

そして貧乏神は自分で作ったわらじをはいて、
家から出て行ったのです。
藤兵衛とおかみさんは、顔を見合わせて大喜びしました。
「出ていった。出ていったぞ! これでわしらも、
やっと楽になれるぞ」「よかった、よかった」

藤兵衛一家は、安心してグッスリ眠りました。
ところが次の朝、藤兵衛が納屋に行ってみると、
出て行ったはずの貧乏神がいびきをかいて
寝ているのです。
「ま、まだいたのか!」

貧乏神は、藤兵衛を見てニッコリ笑いました。
「おはようさん。出て行こうと思ったが、やっぱり
ここが一番住みやすいからな。これからも、よろしく」
藤兵衛はすっかり力をなくして、その場に
へたりこんでしまいました。

でも、それからも貧乏神はわらじを作り続けたので、
藤兵衛はそのわらじを売って、貧乏ながらも
食うにはこまらない生活を送ることが出来たそうです。
・・・


おしまい


Main_img111


鬼が餅つきゃ、閻魔が捏ねる、そばで
  地蔵が食べたがる


「一度見ると忘れられない 動物たち ②」





P R :

Bu

隙間産業(ニッチ市場

« 妄想劇場・漢の韓信外伝ー斉の残党 | トップページ | 妄想劇場・チャンネルニュース・掲示板 »

妄想劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1772781/70900726

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想劇場・歴史への訪問:

« 妄想劇場・漢の韓信外伝ー斉の残党 | トップページ | 妄想劇場・チャンネルニュース・掲示板 »

流れ雲(^o^)

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト