« 妄想劇場・韓信外伝Ⅲ 名家の変遷 | トップページ | 妄想劇場・歴史への訪問 »

2017年9月11日 (月)

妄想劇場・歌物語

V01511111151


信じれば真実、疑えば妄想・・・


4211111111211411111111

1978年10月、日本テレビ系ドラマ「西遊記」がスタート。
個性豊かなキャラクターたちの演技が子どもたちに受けて
高視聴率を記録した。

巨額の予算をかけ、海外展開を意識して制作された
このドラマの音楽を担当したのがゴダイゴだった。
異国ロマンあふれるアコースティックなサウンド
のEDテーマ「ガンダーラ」、

全編英語詞で、シンセを駆使したエネルギッシュな
リズムのOPテーマ「モンキー・マジック」は
いずれもヒット。




さらに国際児童年(79年)のテーマ曲となった
「ビューティフル・ネーム」もヒットし、彼らは一気に
スターダムへと駆け上がった。

既存の洋楽の日本語カバー等とは別次元で、ごく自然な
英語で歌い、最先端のサウンドを取り入れたゴダイゴは
日本の歌謡界に颯爽と登場したのである。

そして1979年、劇場版アニメ『銀河鉄道999』の
主題歌として発売されたのが、映画と同タイトルの曲
「銀河鉄道999」だった。

松本零士の漫画を原作とする『銀河鉄道999』は、
1978年9月にテレビアニメが放送開始。
少年・星野鉄郎が機械の身体を手に入れるため、
謎の美女・メーテルに導かれて旅立ち、星々を巡る
旅の中で成長していく、壮大なスケールの物語。

当時は、77年に「宇宙戦艦ヤマト」劇場版が大ヒット、
78年には初のアニメ専門誌「アニメージュ」が創刊、
79年4月には「機動戦士ガンダム」の放送が始まるなど、
斬新な世界観と緻密な設定による作品が次々と誕生。

それまでの「テレビまんが」に代わって「アニメ」という
呼称が定着し、一つの文化として若者を中心にブームが
巻き起こっていた。

前年に沢田研二が劇場版『さらば宇宙戦艦ヤマト』の
主題歌「ヤマトより愛をこめて」を歌ってヒットさせているが、
人気ロックバンドがアニメ主題歌を担当した前例はなく、
作曲を担当したボーカル・タケカワユキヒデ(当時26歳)は
「アニメの歌というものの常識を変えてやるんだ」
という意気込みで取り組んだという。


      


当初はゆっくりとしたバラードだったが、ミッキー吉野の
手によって、999が走っていくような疾走感のある
アップテンポの曲に仕上がった。

劇場版『銀河鉄道999』は、まだテレビシリーズが放映中の
79年8月4日、夏休みシーズンに合わせて公開され、
空前の大ヒットに。
アニメ映画として初めて、1979年度の邦画の興行収入
1位を記録する快挙を達成した。

何よりこの主題歌の人気を決定づけたのは、
映画のラストシーンでの使われ方が見事だったことに尽きる。
メーテルを乗せた999を走って追いかける鉄郎。
汽笛を残して空の彼方へ消えてい 999

美しく壮大なオーケストラのBGMにのせて別れの場面が
しんみりと描かれた次の瞬間、
このゴダイゴの曲のイントロが力強く始まるのだ。

鉄郎は線路の上をトボトボと歩き、やがて振り向かずに
駆け出していく…。
山川啓介による日本語詞は、映画のストーリーに
重なると同時に、夢に向けて旅立ちを促すメッセージ性の
高いもので、多くの若者が感銘を受けた。

少年から大人への成長を描いた青春映画は、この曲に
よって心地よい余韻を残し、アニメ史上屈指の
名ラストシーンになったと言えよう。

ゴダイゴはその後、海外公演を成功させるなど
グローバルに活躍するも、メンバーの脱退を経て
1985年に活動休止。

1999年に期間限定で再結成。その後、現在も
全盛時のメンバーで活動中だ。
「銀河鉄道999」は代表曲の一つとして人気が高く、
2008年にEXILEがカバーしたのも記憶に新しい。

今でこそ「アニソン」はジャンルの一つとして立派に
認知されているが、ゴダイゴの「銀河鉄道999」は、
アニメの主題歌を人気アーティストが手掛ける
先駆けとなった記念すべき作品なのだ。・・・

銀河鉄道999最後の別れのシーン (劇場版)


1975年、ミッキー吉野がスティーブ・フォックス、
浅野孝已、 原田裕臣、タケカワユキヒデ等と共に
ゴダイゴを結成。
GODIEGO(ゴダイゴ)は、
日本のプログレッシブロックバンドの草分け的存在。
1970年代後半から1980年代前半にかけてヒット曲を
連発し、日本の音楽界に多大なる影響を与えた。

Author :TAP the POP
http://www.tapthepop.net/


A131111




P R :

0661211

隙間産業(ニッチ市場)

« 妄想劇場・韓信外伝Ⅲ 名家の変遷 | トップページ | 妄想劇場・歴史への訪問 »

妄想劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1772781/71680810

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想劇場・歌物語:

« 妄想劇場・韓信外伝Ⅲ 名家の変遷 | トップページ | 妄想劇場・歴史への訪問 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

流れ雲(^o^)