« 妄想劇場・妄想物語 | トップページ | 妄想劇場・歌物語 »

2018年11月27日 (火)

妄想劇場・歌物語

Logo13

1131112114

Logo1311

Sawada1111

沢田研二の「君をのせて」という歌から、テレビドラマ
『哀しきチェイサー』が生まれたのは1978年の
晩秋のことだ。

エディット・ピアフの「愛の讃歌」の日本語訳などで
知られる作詞家・岩谷時子が、ザ・ピーナッツの
「恋のバカンス」や「ウナ・セラ・ディ東京」などで
コンビを組んだ作曲家・宮川泰とともに書き上げた
「君をのせて」は、ザ・タイガースからPYGを経て
ソロになった沢田研二の初作品である。

しかし1971年11月に発売されたものの、
シングル盤は期待したほどには世の中に
受け入れられなかった。

だがその歌を聴いてすっかり惚れ込んで
しまったのが、テレビドラマ「時間ですよ」や
「寺内貫太郎一家」などの演出家、TBSの
久世光彦だった。

目を瞑(つむ)ると満点の星の世界が浮かび、
《銀河鉄道》が遠ざかっていく光景が見えた。
やわらかな揺篭(ゆりかご)に揺られながら、
どこか《永遠の場所》へ運ばれていくようだった。

歌を聴きこんでいるうちに、久世は
「君をのせての君は、男だ」と確信する。
そして歌の言葉が”キラキラ光って
いる;ことに感銘を受けて、いつかはこれを
テーマに使った沢田研二のドラマを撮ろう
と考えた。

「君をのせて」 作詞:岩谷時子 作曲:宮川泰
風に向かいながら 革の靴を履いて
肩と肩をぶつけながら 遠い道を歩く
僕の地図は破れ くれる人もいない
だから僕ら肩を抱いて 二人だけで歩く
・・・

久世が1975年に沢田研二の主演で作った
連続ドラマ『悪魔のようなあいつ』は、
男が男を愛するという設定の異色作で、
一部に熱狂的なファンを持つカルト作品となった。

そして「君をのせて」に出会ってから8年後、
久世は『哀しきチェイサー』の脚本を中島梓に
依頼する。

テレビの収録スタジオで起こった女子高生の
刺殺事件を描いた青春ミステリーの「ぼくらの
時代」で、その年に第24回江戸川乱歩賞を
受賞した中島梓は当時25歳、才気あふれる
新人の女流作家だった。

こうして無頼な私立探偵に内田裕也、彼とコンビを
組むちょっと知能の遅れた美少年が沢田研二、
最後の回想シーンで男同士が道行きを演じる
物語が実現した。

中島梓はこのとき、創刊されたばかりだった
少年愛や同性愛を語る専門誌「JUN」に、
「悪徳の栄え 『哀しきチェイサー始末記』」
という撮影現場のレポートを書き残している。  

この脚本は「哀しきチェイサー」と題して、
内田裕也君と沢田研二君がいかがわしい
男の友情を演じ、さいごには二人とも
惨殺されてしまう。  

こんなシーンを生身の沢田研二君が演じる
となったら、これを見逃しては首くくりものである。
TVでなくナマを見られるのも書いた人間の特権である。  

本読み室でもすでに、裕也さんが照れに照れたり、
ADのお兄さんが沢田君のセリフを代役やらされて、
「どこにも行っちゃイヤだよ。そばにいてね。」
などとイヤーな顔しながら読んでいたり、
いろいろと腹の皮のよじれるようなことがあった。

11月5日に人気絶頂だったスターの沢田研二が
殺されるシーンの撮影があるというので、
新聞や週刊の記者やカメラマンがもぐりこんで、
TBSのスタジオは普段とは違う空気が流れていた。

内田裕也は黒のブカブカのつなぎ、沢田研二は
紫のジャンパーにジーンズ、グレーのマフラーを
巻いて登場。

回想シーンで使われた男同士の道行きは、
「君をのせて」のレコードを流しながら撮影された。
立ち会っていた中島梓はあまりのいかがわしさに、
すっかり照れてしまったと告白している。 

風に吹かれながら、仲良く一個のリンゴを
かじりっこして、すでにもうぼくはなかば目を
おおって指のあいだからこっそりのぞく心境。

うっ、いかがわしい。こ、こんなワイセツなものを 
自分が書いてしまったのか。
そして沢田研二が三人の男に襲われて路地に
追いつめられ、ドラムカンの上にひき倒されて
内田裕也の名を絶叫しながらナイフを
突き刺さされるシーンの稽古が始まった。

「助けてぇ!痛ぇよお!」と絶叫する
クライマックス・シーンでは、取材陣の
カメラのフラッシュが一斉にたかれる。

遅れて助けに来た内田裕也が「お前、大丈夫か、
もういいんだ、オレがここにいるぞ、大丈夫だよ、
こわくないよ;」と、膝に抱き起こす。

演出の久世が「サービス、サービス。
三十秒だけだよ」と大声を上げる。
再び、一勢にフラッシュがたかれる。

その日のことを久世は後に、こう回想していた。
刑事物のドラマとしては妙なものだったが、
私は《陶酔》した。

木枯らしの草原を、この二人が一本の洋モクを
回し喫(の)みしながら縺れていく回想シーンを
撮っていて、私は胸が熱くなり、ちょっと泣いたような
記憶がある。

中島梓は『悪魔のようなあいつ』にインスパイアされた
小説「真夜中の天使」を翌年に発表し、さらには
SF作家の栗本薫としてヒロイック・ファンタジー小説
「グイン・サーガ」などで人気を得ていく。

「君をのせて」もまた発表から30年を過ぎたころから、
名曲だという評価が高まって多くのシンガーに
うたわれて、今ではスタンダード・ソングになっている。

沢田研二「君をのせて」 マルシア「君をのせて」
栗本薫『真夜中の天使』(文春文庫) 文藝春秋




A511

01111

2018年は「7月豪雨」「台風21号」
「北海道胆振東部地震」といった大きな災害が
発生し、多くの方々が深刻な被害を受けた。

7月に発生した豪雨では、岡山県倉敷市の
真備地区において、川の増水により堤防が決壊し、
多くの住宅が浸水することになった。

そして、ハザードマップで浸水想定区域に
指定された地域も大きな被害を受けた。
倉敷市はこの地域の全戸にハザードマップを
配布していたが、その存在自体を知らなかった
住民もいるという

また、プレジデントオンラインによると、
真備地区における土地価格の相場は隣の
総社市よりも半値近くで、人気のエリア
だったそうだ。

移り住んだ住人はハザードマップの存在を
どの程度知っていたのだろうか

大きな被害を受けた真備地区の中心部は
人気のエリアだったという。

大型商業施設やホームセンターが立ち並ぶ
典型的なロードサイドエリアだ。
国道486号線と県道278号線のあいだに挟まれた
エリアは、10年以内に建てられたであろう
真新しい家が多い。

壁や屋根を見ても、かなりスタイリッシュな
印象を受けた。

「土地価格が安いため、その分家にお金を掛ける
人が多かったんです。
真備地区の住人がもっとも増えたのは1970年前後。

もともとは水島地区にある三菱重工や川崎重工、
川崎製鉄に勤めている方が交通の便が
いいと次々に家を建て、開発が進みました。

今回被害を受けた新興住宅地の住民は、
その子供たちが親世代になり、『実家に近いし、
土地価格も安いから』と家を建てたケースが
多かったようです。

100年以上前から、浸水災害が11回も

決して真備地区は水害が少ないエリア
だったとは言えない」

毎日新聞の報道によると、岡山県西部を流れる
高梁川流域では1893年以降、100棟以上が
浸水する水害が11回あった。
約4600世帯が浸水した今回の規模の水害は、
1970年代以来だったという。

危険地域として指定されている場所に、
何の予備知識もなく新しく土地や住宅を購入
してしまうケースが後を絶たない。

なぜ、このような事態が起きてしまうのだろうか。

不動産業者は危険情報を知らせない  

そもそも、ハザードマップ自体は各自治体が
公表しているため、一般人でも閲覧することができる。
しかし、その存在自体がよく知られていない場合が多い。  

また、ハザードマップで危険地域に指定されている
場所の不動産を購入する場合、不動産業者は
その事実を顧客に知らせる義務はない。

わざわざ、不動産価値を下げるような情報を
伝える事業者は少ないのが現状だ。
この問題の根本的な原因は“不動産業界の
不作為”にあるといえるだろう。

解決の糸口はあるのか

問題を解決する根本的な方法は、
不動産に関する総合的な情報を網羅しつつ、
誰にでも開かれたデータベースを構築
することだと考えている。

現在、多くの不動産取引に使用されている
大規模なデータベースにREINS(レインズ)
と呼ばれるものがある。

ここには、必ず登録しないといけない項目は
「価格」「住所」「間取り」などに限られている。
しかも、不動産業者しか閲覧できないように
なっている。

国土交通省は2018年度中に「不動産総合
データベース」の公開を目指している。
これは、レインズだけでなく、国、自治体、
民間情報サービス機関などからさまざまな
情報を集約することで、多様な「物件情報」や
「周辺地域情報」の提供を目指すものだ。

この構想においては、ハザードマップや
過去の土地利用状況などもデータベースに
盛り込むとしており、不動産を購入する顧客が
事前にリスクを認識できる可能性が高まる。

こういった取引情報をオープンにする
取り組みは米国などで先行しており、
日本でも普及すれば、不動産中古売買の
活性化につながると期待している。

不動産業界の閉鎖的な体質も問題  

不動産総合データベースの導入には
不動産業界が難色を示している。

全国宅地建物取引業協会連合会や
全日本不動産協会(ともに東京都千代田区)。

この業界団体には高齢の幹部が多いのだが、
その理由は各地域を代表する不動産業者の
名誉職となっているためだ。

不動産総合データベースを推進しようと国交省が
旗を振っても、積極的に協力しようとしている
とは言い難い。

強固に反対しているというよりは、ITに詳しく
ないので正直ピンとこないのが
実態ではないだろうか。 ・・・

運がいい人も、運が悪い人もいない。
運がいいと思う人と、運が悪いと思う人が
いるだけだ。・・・(中谷彰宏)


00241

« 妄想劇場・妄想物語 | トップページ | 妄想劇場・歌物語 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1772781/74675325

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想劇場・歌物語:

« 妄想劇場・妄想物語 | トップページ | 妄想劇場・歌物語 »

最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

流れ雲(^o^)